投稿者: seiichinojima

Sennheiser MOMENTUM Wireless

カナル型、所謂インナーイヤー型を室内で長いこと耳に突っ込んでいるのがどうも慣れないので、無線のオーバーイヤー型を買ってきた。以前購入した Sennheiser HD800 がよかったので、今回も同社の Bluetooth ヘッドホン Sennheiser MOMENTUM Wireless を選択。音慣らしが終わってないのでまだ鳴りきれていないはずではあるけど、これはなかなか良い音。いい音で聴くならアンプに有線接続なのは間違いないんだろうけど、音の差は確実に詰まってきてると思う。
Sennheiser MOMENTUM Wireless Sennheiser MOMENTUM Wireless

Amazon Echo with Alexa

リビングに置くワイヤレススピーカーを考えてたら、AI スピーカーという選択になりました。
Amazon Echo with Alexa

色々と悩んだ末 Amazon Prime に加入してるなら Echo でしょうと言うことで。音はこのサイズのワイヤレススピーカではそこそこ良いと思う。そもそも本気で音を追求するならスマートスピーカーもといワイヤレスにはしないだろうし、リビングで家族が利用するなら必要十分かと。

SONY DSC-RX0

小型でそれなりに画質もよきカメラを探していたら DSC-RX0 一択ということに。RX1R 以来の SONY 製カメラだけど、相変わらずカメラ関係はなかなかいい製品を作ってるなーと感心する。この大きさでこれだけの画質の写真を撮れるのは凄いと思う。ただ、液晶が小さいので構図を確認しずらいのと、ピントをどこに合わせるのかがわかりずらい。まぁオート前提だからいいんだけれども。

続きを読む

iPhone 8

発売前で実機も触っていないのに言うのもアレだけれども iPhone X があまり好きになれなさそうだったので iPhone 8 に機種変更してみた。iPhone 6s からなのでそれなりにスペックアップは体感できてる感じ。見た目がほとんど変わらないのも全く構わないんだが、iOS やら iCloud の不具合はなんとかならないものかな。iPhone 8

保存保存

Manfrotto MLL1300-BI LYKOS Bi-Color LED Light

ブツ撮りに使用しているライト Manfrotto “LYKOS” Bi-Color LED Light 。以前はデイライトを使用していたのだが、3100~5600K まで色温度を変えられるこの機種が現在のメイン。微調整も効くし、再現できない自然光(っぽい色)は今のところ無いように思える。所持している Manfrotto 製品も流用できるのでよい感じである。電源ケーブルが煩わしいので専らバッテリーでの運用だが、Manfrotto 推奨の SONY L バッテリーが若干高価で、予備バッテリーと充電器を合わせるとそこそこ高額になるのが痛い。ROWA などのバッテリーも流用できるが電池残量が正しく表示されないのと、万が一故障した場合に保証が効かないので、そこは自己責任で判断した方がいいだろう。Manfrotto "LYKOS" Bi-Color LED LightManfrotto "LYKOS" Bi-Color LED Light

Shooting Table

 Manfrotto 035 Super Clamp

Manfrotto 035 Super Clamp

Pico Clamp MC1990A

Pico Clamp MC1990A

Velbon QHD-21

Velbon QHD-21

Manfrotto Nano Clamp 386B-1

Manfrotto Nano Clamp 386B-1

Manfrotto MLL1300-BI Lykos

Manfrotto MLL1300-BI Lykos バイカラー色温度可変LEDライト

Manfrotto MLL1300-BI Lykos

Manfrotto MLL1300-BI Lykos

小物撮り用の撮影ボックスが窮屈だったので、撮影ブースを自作というか設置してみた。
まずはクランプ。狭い机の上にスタンドを置くのは邪魔だったので、Manfrotto 社の 035 Super Clamp を使用。
このクランプは便利で、上面に空いた穴にアダプタを挿せばアームから雲台まで必要なものが設置できてしまう優れモノ。今回はこの穴に Manfrotto 196AB-2 シングルアーティキュレテッドアーム というやつを設置する。

次に背景紙を吊り下げられるようアームに細々とパーツを取付ける。
Manfrotto で一番小さいクランプ Pico Clamp MC1990A

ここに Velbon の自由雲台 QHD-21

Manfrotto Nano Clamp 386B-1

角度調節をして背景紙を吊り下げる為のパイプを挟む。

アームの先に照明を設置。写真は Manfrotto MLL1300-BI Lykos バイカラー色温度可変LEDライト

あとはパイプに背景紙をクリップで止めて完成。

作業場所をほぼ無駄なく使え、我ながらいい具合に仕上がった気がします。背景紙を丸めてしまっておけばデスクも通常通り使えますしね。さて、環境も整ったことだし頑張って撮影するぞー

ページ上部へ戻る